在宅ワーク生活

   

WEBで見つけた在宅ワークで収入アップ

子育て中は外で働くよりも在宅で働きたくて、WEB上でできる在宅のライターの仕事をしています。在宅ワークで検索すると色々あるのですが、私の場合は幸いタイピングが早くてブラインドタッチが出来るので単価が安い仕事でも短時間で終えることが出来て多少の収入になっています。

在宅ワークでできるライティングのお仕事は始めたころは結構あったのですが、最近は少し減少傾向です。でも、全くなくなったわけではありませんしフリーで好きなタスク案件をやっているので縛りもありませんし、やりたい時にやっている感じです。

在宅ワークの良いところは、出勤の準備でイライラしなくて済むことや家事をやりながら出来るところが最もメリットに感じます。普通は、どんな短時間でも低賃金でも基本的には自宅を出なくてはお金はもらうことができません。でも、在宅のライティングなら、スマートフォンやパソコンがあればお仕事が出来てしまいます。

それほど高額な賃金はもらえなくても、時間を有効に活用して子供の面倒を見たり家事をしながら空いた時間にできるというのがWEBライターの醍醐味です。文章を書くのが好きなので合っていますし、特に好きでない人でもやれば少しは収入になるのでおすすめです。

この仕事は、とにかくタイピングが早いことが向き不向きを決めます。最低でもブラインドタッチ位は出来たほうがまとまった収入を得やすくなっています。慣れてきたら、プロジェクト案件などをやっている人も多いですが私の場合はあえてタスクのみです。

プロジェクトの場合は、納期などが決められていて時間が自由にならないこともしばしばです。せっかく誰からも雇われていないのですから自由にやりたいと考えています。そのため、好きな時にライティングをして少額ですがお金をもらえるフリーの記事投稿が最適です。

この仕事だけで食べていくという事ではなく、あくまで隙間の時間をつかって少しでも家計を助けるという意味では無い職をするよりも、WEBライターの方がよほどスマートですし収入は高いです。内職の単価は驚くほど安く、時給にすると数百円行くか行かないかではないでしょうか。

WEBライターは、仕事さえあれば時給が1000円近くになることもあります。いつもでは無いですし、仕事がある時ばかりではないですがやればやっただけお金になりますのでないよりはかなり助かるのが実情です。何より、内職のように自宅に在庫を抱えたり納品に行く必要がありません。

ただ、周囲に教えてもやってみたところ上手くいかないという声が多いです。やはり、多少の文章を構成する能力やタイピングの速さは収入を大きく左右してしまいますし必須です。これが無いと時給にして200円程度になることも少なくありません。

でも、タイピングの練習をしたり音声入力をするという方法もあります。多少の工夫をすることで、1日数百円の収入が増えると考えると生活に少し余裕が出るものです。この仕事の良いところは、忙しい時には何ヶ月やらなくても構わないことです。

人から雇われているお仕事の場合、そうはいきませんしいくら時給が安くても仕事は仕事です。人間関係もわずらわしいですし、時にはトラブルに巻き込まれることもあります。でも、いくら収入が微々たるものでもライティングのお仕事は上司もいませんし人から怒られることもありません。

何より、自宅から出なくてよいどころかデバイスさえあれば外出先でもできますし好きな時にやったりやらなかったりと選べるので、ライフスタイルに合った働き方が出来ます。文章を書くのが苦手という人には向いていませんが、好きな人には難なくかける程度の内容です。

ライター , 人間関係 , 納期